犬☆☆屋
二宮さんを筆頭に、仲良し嵐にモヘモへ(*´Д`)しながら
明日の幸せを信じてやまない25歳の社会人のしがない日常。
(注:直リン、ギャル文字お断り。)

( `◇´)畄―畄).´ー`)´―`)`З´)>AMNOS嵐!

【お知らせ】
↓ Twitterはじめました。もしよろしければフォローよろです。 ↓

ポチっとな。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2012.09.30 Sunday | | - | - | スポンサードリンク |
ご報告!!
お久しぶりです、TOMYです。

きっと皆さんもう私のことなんて忘れていらっしゃるんじゃないかと思いながらも、
懲りずに更新してみる私。(卑屈☆でも自業自得☆)
というのも、どうしても皆さんにご報告しなければならないことがあったからです。

私がこのBlogを始めたのは2004年の8月。
18歳の頃でした。
その頃は予備校に通っていて、1年遅れで大学進学を目指していました。
今当時のBlogを読み返してみると、とても予備校生とは思えないくらい嵐に心酔していてとても不安になりますが。(勉強しろよ、あの頃の私)
でもたくさんの嵐ファンの皆さんとお友達になれて、本当に幸せそうでした。
そこから時間は流れに流れ、今はもう26歳。
ちゃらんぽらんだった私もなんだかんだで2009年に就職し、どんな縁なのか今は横浜で暮らしています。
途中、千葉の松戸・鎌ヶ谷辺りに居た頃もあったりなかったり。(わずか半年の相葉県民生活)
大学では経済学を学んでいたにも関わらず、入社したのはとあるIT企業。
気付けばITエンジニアなる職業に就き、毎日身を粉にして働いております。
途中、慣れない土地で病んだり、病んだり・・・そして病んだりを繰り返し、
なんとか這いつくばって今日まで生きて参りました。
その間、嵐さんの活動を追う余裕もなくなった時期もありました。
ちょうど10周年のメモリアルイヤーに伏せってしまい、特番という特番を見逃し、
やっとの思いで這い上がった頃には、嵐さんの番組がテレビにいっぱい溢れていました。
まさに浦島太郎状態(´・ω・`)
それでもライブは行ってたり。(なんだよ)
色々ありましたが、最近やっと精神的にも余裕が出てきて、
昔のように熱狂的なファンではなくなってしまいましたが、変わらず嵐さんを応援している私です。

なんやかんやでこの8年間。
このBlogを始めてたくさんの方と知り合うことが出来、リアルでも仲良くして頂きました。
本当に幸せな日々でした。
Blogを始めていなかったら、こんなにも楽しい人生を送ることはなかったのではないかと思います。
ここで出会い、関わってくださった全ての皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

そして、そんな私からこの度皆さんにご報告があります。
突然現れて、いきなりこんな話で大変申し訳ないのですが、言わせてください。
誠に勝手ながら、私この度、


続きを読む >>
| 日常 | 2012.09.30 Sunday | 21:07 | comments(4) | trackbacks(0) | TOMY |
横浜市の計画停電。

横浜市HPでは計画停電の地区別の詳細がわかります。
ご参照ください。

●3/15(火)の計画停電●
http://www.city.yokohama.lg.jp/shimin/koho/0311zishin/teiden.html

後はgoogleで計画停電MAPなるサービスがあります。
横浜以外の地区はこれでわかると思います。

●計画停電MAP●
http://teiden.sou-sou.net/

東京電力のPDFだと詳しい番地ごとはわかんないですからね(^^;)
ご自身のお住まいの地区のグループがわからない方はこれらで調べてみてください。

ちなみに私の地区は第5グループなので、今日は12:20〜16:00が停電予定です。
今日は会社も休みになったので(正確には自宅待機だけど)
日中は必要な物資を買いに行って、午後は家で日の光でも浴びながらゆっくりしようかと思います。
(もちろん買占めはしませんぜ!)

今も私の状況を心配して連絡して下さる方々がいらっしゃいます。
本当にありがとうございます。
私たちは大丈夫です。
お店なんかが閉まってしまったり、電車が止まったり、混乱はありますが、
みんな被災地の復興の為に出来ることを模索しながら強く前向きに生きています。
まだまだ余震も続くし(今朝も大きいのありました。思わず目が覚めてしまいました)
いつ生活必需品が切れるかもわからないけど、協力して頑張っています。

昨日、会社から帰ってきてスーパーに行ったら、水が売り切れで買えませんでした。
「あ〜遅かったか・・・」と諦めて帰ろうとする私に見ず知らずのお姉さんが

「○○のスーパーが今日水を少量だけど入荷するっていう噂がありますよ。
 ガセかもしれないけど、そっちに行かれてみては?」

と教えてくれました。
すると、すぐ隣で水を2本ゲット出来てたお兄さんが

「僕欲張って2本も取っちゃったんで、1本よろしければ・・・」

と声を掛けてくれました。
みんな凄く暖かいです。
この苦境をなんとか乗り切ろうと頑張っています。
今日の計画停電に対しても、こっちの人はそんなに文句は言ってないんですよね。
とにかく昨日みたいな状態(急な電車ストップやお店の閉店)に“困って”はいるんですが“怒って”はいないと思います。
(皆が皆じゃないですよ(^^;)ただ私の周りはみんなそんな感じです)

東京電力の方々がこの短い期間で対象地域をグループ分けして停電を計画する労力も凄いものだと思うし、
それに合わせて企業も迅速な対応を取っていますよね。
ただ、今はまだ双方の先走り感が否めなくて、情報の共有も意思の疎通もうまく図れていないから、
せっかく技術的には対応可能なものが十分に活かされなくて混乱してしまっている感じだと思います。
国民も生活がかかっているから焦りはするけど、今は暖かく成り行きを見守っていきましょう。

正直、昨日みたいな事態は困惑はしたけど、結果的に事故などの二次災害は避けられているので。
実際に電力供給量が足りなくなって突然の大停電が起きたら、
閉じ込め事故や交通事故が起こってしまうかもしれないですしね。

とにかくいち早く通常通りの生活に戻って日本経済の復興に努めたいという気持ちはありますが。
落ち着いて、焦らず行動を。

という訳で、予期せぬこの休みの間に勉強でもしようかな。
私の知層が少しでも社会に役立つように。
と、延々流れるACのCMを見ながら思いますw

さあ、今日も復興に向けて頑張りましょう。

| 日常 | 2011.03.15 Tuesday | 06:16 | comments(4) | trackbacks(0) | TOMY |
さあ、労働!

交通機関の麻痺が酷いですね…。
私の最寄り駅は地下鉄の乗り換え駅な上に、JR横浜駅の機能停止に伴う振替乗車の影響を受けて利用客が駅から外の道まで溢れ返っています。
東京方面に行くのも大変だな…と思いながら、私は横須賀に向かいます。
いつもと違う光景に動揺してますが、変わらず働いて経済を回して行きたいと思います。
働ける幸せを噛み締めて。
今生きていることに感謝して。

=====

と意気込んだもの束の間。
12:30頃に京急が16:00をもって全線運行を休止するらしいとの衝撃の情報が社内を駆け巡りましたorz
一瞬誤報かと思いましたが、何やらマジらしいではないかと。
昼休み中ではありましたが、全員急いで帰路に着かざるを得なくなりました(^^;)
私も例に漏れず会社から最寄駅まで歩いて移動開始。
春うららかな優しい日差しになかなか良い気分で歩いて駅に向かった訳ですが、駅について呆然。
既に駅のシャッターが下りているではないですか!!
なんと既に堀之内から三崎口方面(つまり田舎側)の運行は既に終了しているとのこと。
そんなこと聞いてないよ!!(つД`)
というか、私が勤務する会社は横須賀じゃ相当メジャーでデカイとこなのに、ここの帰路を断つってどんなご判断ですが、京急電鉄さん!!(´Д`|||)
一説によると1つのエリアで3000人も働いてる経済地区なのに・・・。

とにかく困り果てました。
ここで電車に乗れなかったら、あとはバスを乗り継いで行くくらいしか道はありません。
でも、バスも長蛇の列でどんだけ時間がかかるかわかったもんじゃないし・・・どうしたものかorz
と、携帯に電話が!
一緒にスキーに行ったメンバーが「電車無理でしょ?会社戻ってきたら車で乗せて行ってあげるよ」と。
なんというタイミング!!(*゚Д゚*)
急いで会社行きのバスに乗り込み(当然ながらガラガラw)会社に戻りました。
そして無事に家まで送り届けて頂きました。
本当によかった・・・日頃他社さんや他部署の人と積極的に交流を持ってて本当によかった・・・。

そんな訳で、関東は今日も大混乱でしたね(^^;)
でも皆文句も言わず「仕方ないよね。東北の人たちの状況を考えればこれくらい」と前向きに捉えています。
本当に皆寛大で泣けてくる(つД`)
金曜日にあの大混乱に巻き込まれ、帰宅してから東北の被害をテレビ等で目の当たりにしたからこそ、
みんな「これくらい我慢しなきゃ」って思えてるんだと思います。

それを物語るかのような出来事がひとつ。
知人に今は関西に住んでいて、実家が宮城県の気仙沼の女の子がいます。
地震が発生してから家族の生存は無事に確認できたものの、その後連絡が途絶え困っていると私に連絡をして来ました。
そしてこんな愚痴も。

「関東は停電とか物資足りてないとか言ってるけど、被災地は家が流されてるんだよ!
 それくらい耐えてよね!!本当に関東人は根性足りないと思う」

苛立って捲くし立てる彼女。
気持ちはわかります。
私も自分の実家がテレビで流れるような悲惨な状態だったら同じような気持ちになると思う。
でも、少しでもいいから、私たちの気持ちも汲んで欲しいです(^^;)
朝、電車が止まっていることを知っても駅では怒鳴り声をあげる人なんてほとんどいません。
(というか、私はそんな人は一人も見てない)
地震発生直後に信号が止まっても、交差点に警察官が立っていなくても、みんな冷静に事故無く帰路につけたのは何故なのか。
夜中に延々歩いて家を目指した人たちが、同じような状態に陥る可能性があるのに今日こうして会社に向かったのは何故なのか。
計画停電が発表されて、それに合わせて社会が混乱しているのに皆冷静に受け止めて頑張っているのは何故なのか。
「私たちはまだ暖かいご飯を食べられるし、帰る家があるんだから」と、皆が口々に言い合うこの様を、是非知って欲しいと思ってしまいました。
関東の人も関東の人たちなりに頑張っているんだよ、と。
根性がなきゃ、こんな冷静な対応は出来ないと思うよ、と。
だって今だって暴動も起きてなきゃパニックも起こってないですよ。
まして今彼女が関西にいるから余計ね(^^;)
言うても私らは日々余震の恐怖も感じながら生活している訳なので。
それでも、彼女が不安な気持ちもわかるので何も言い返しはしませんでしたが。

なんか・・・ちょっと悔しかったんですよね(^^;)
自分は本当に小さな人間だなぁと思うんですが、この関東の人たちの優しさを見ずに「根性ない」なんて言われるとね・・・。
本当に一度見て欲しい。
評価してくれなんて言わないから。
日本って本当に優しくて逞しくて素晴らしい国だなって、きっと思って貰えると思うんだ。

| 日常 | 2011.03.14 Monday | 08:49 | comments(0) | trackbacks(0) | TOMY |
近況をご報告します。

という訳で、皆さんお久しぶりです(^^;)
年始からなんとか頑張って更新し続けていましたが、あえなく3月突入と共に再び姿を眩ましたTOMYですw
そんな折にこの地震。
中には心配してご連絡を下さった方もいらっしゃいました。
本当にありがとうございますm(_ _)m
お陰さまで私は元気です。
地震の影響もほとんどなく、今は自宅に戻って平穏無事に暮らしていますのでご心配なく。
それよりも、東北地方や関東圏にお住まいで被災された方々が心配です。
こちらに足を運んで下さっていた方々の中にも今回の被害に遭われた方が多数いらっしゃるのではないでしょうか?
こういう時、どんな言葉をかけても気休めにしかならないのかもしれません。
しかし、日本国中、世界中で皆さんの無事を祈っている仲間がたくさんいます。
Twitterでも励ましの言葉が飛び交っています。
それを読むだけで涙が出ます。
本当にみんな暖かい心を持っていて、心から復興を願っています。
皆で励ましあい、協力しあって乗り越えていきましょう。
そのために出来ることを、私もここ横浜で探します。
小さなことの積み重ねが、いつか大きな幸せを呼ぶと信じています。

 


さて、では私事で恐縮ですが、近況報告に戻らせていただきます。
3月末で今の契約が終了するという話は以前させていただきました。
問題は、3月いっぱいで終了になるのを告げられてから引継ぎ用の資料作成やら何やら、
とにかく準備期間が足りなくて急に大忙しになってしまったことです。
お客さん的にも私たちが抜けるのは大打撃で、どうにかならないかと人事に掛け合ってみてくれたそうなんですが、
どうやらお客さん先の人事とうちの本体の方で揉めたらしくもうどうにもならないとかorz
現場の社員同士は上手く協力してやっているのに、上で揉めて契約終了とかたまったもんじゃないんですけど(´Д`|||)
でもこの縦社会の根強い日本で文句言ったところでどうしようも無い訳で・・・。
仕方なく撤退を受け入れた私たちです。
それからと言うもの、毎日資料作成やら引継ぎやらで挨拶回りやらでてんやわんや。
お客さんも大部分の業務を私たちに任せてくれていたので、情報を展開する量が多すぎて大変です。
ただでさえ忙しい年度末になんてこったいorz
そんなこんなな毎日な訳です。

でもこれも3月いっぱいで終わり。
4月からはどうなるかはわからないけれど、どうなっても受け入れるしかない、と腹をくくった頃。
実家の父から1通のメールが来ました。
内容は宮崎で離れて暮らす父方の祖母の容態について。
地震の話題で掻き消され気味ですが、噴火で注目された宮崎県の新燃岳のふもとに暮らす祖母は今99歳。
高齢な上に以前足に病気をして切断を余儀なくされたおばあちゃんのことを私はとても心配していました。
足を切断した頃に伯母(おばあちゃんから見たら娘)が癌で亡くなったりして、
とても落ち込んでいたおばあちゃんがやっと元気を取り戻したのは最近のことです。
そんな折に噴火に見舞われ、一日も早くおばあちゃんが安心して暮らせる日常が来ないものかと気を揉んでいました。
そんなおばあちゃんが具合を悪くしたというのです。
最初は噴火によるストレスが原因だと親族も考えていたようで、
念の為の検査を受けさせにおばあちゃんを病院に連れて行ったらしいのです。
しかし、検査の結果判明したおばあちゃんの病気は「癌」だったそうです。
そもそもが99歳と高齢な為、このまま放置しておくと癌の転移以前に闘病するだけの体力が持たずに危ないとの事。
今ならまだ癌細胞を切除してある程度の負担を減らすことが出来るそうなので、早いうちに手術を、
と親族一同は願っていました。
もちろん父も、私も。
しかし、それにNOを出したのは、他ならぬおばあちゃん自身でした。
「これ以上の延命は望まない」と言うのです。
手術をして痛い思いをしてまでもう生きたくないと言ったそうです。
「99年生きてきて、子供達もどんどん先に死んでしまって、やっと落ちついたと思ったら毎日噴火に怯えて・・・
これ以上生きても辛い。寿命なんだから、もうそっとしておいて」
とおばあちゃんは言ったそうです。
それに対して親族は何も言えなかったそうです。
もちろん色々と説得は試みたそうなんですが、おばあちゃんの決意は固く、意思を変えることはなかったと。
その決断を父も承諾したとのこと。
もちろん本心を言えばどんな形であれ、一分でも一秒でも長く生きて欲しいと言っていました。
でも、今のおばあちゃんの気持ちを思うと「もっと、もっと」と望むのは子供達の勝手な都合なのだろうと言います。
私はまだ納得は出来ていませんが、99年生きて色々経験したおばあちゃん自身が下した決断には逆らえません。
辛いけれど、受け入れようと思いました。

という訳で、延命を拒否したおばあちゃんは医師から「余命半年」と宣告されたそうです。
半年・・・本当にあと僅かです。
私がおばあちゃんに最後に会ったのは確か大学3年の頃だと思います。
もう3年も会ってない訳です。
毎年宮崎に行こうという話しにはなっていたのに、鳥インフルエンザや口蹄疫の影響で流れてしまい、
やっと落ち着いたと思ったらこの噴火。
私たちはまだ良いとしても、父は早くおばあちゃんに会いに行きたくて仕方ないはずです。
今までみたいに「また今度、宮崎が落ち着いてから」と言っている場合ではもうないのです。
でも、私も仕事がどうなるかわからないし、父も仕事が忙しくてとてもすぐには休めそうに無いとのこと。
せめて4月からの体制がわかっていたらその辺りを父や姉と相談して決められるのに、
こんな時に限って私は・・・。

最悪父だけでも宮崎に行ってもらおうとは思っているんですがね(^^;)
私もいつおばあちゃんに会えるかわかりません。
でも、絶対会わなければいけないと思っています。
でないと、本当にもう二度と会えなくなってしまう。

という訳で、心休まらない日常を送っていました。
そこにこの地震というのがなんとも・・・という感じではありますが(^^;)
父は今度は私と姉を心配して連絡をくれたんですが、私たちはなんだか申し訳ない気持ちになってしまい
「いや、横浜も鎌倉も大丈夫やから、私たちのことは忘れて!」
なんて言ってしまいましたw

しかも実は父には内緒なんですが、姉も病気を抱えていることが判明したんですよねorz
婦人科系の病気で、それが原因でずっと子供が出来なかったようなのです。
さすがの姉も父の様子が心配で言えなかったとの事。
1年ほど治療し、その後手術すれば治るらしいのですが、もうえらいこっちゃです。
ちなみに母には伝えていたようで、おばあちゃんが落ち着くまでは父には内緒にすると言っていました。
なのでその分私に「お姉ちゃんをよろしく」なんて言ってましたが(^^;)
ちなみに母に派遣契約が終了したことを告げると、

「別にこっち帰って来るとかちゃうんやろ?
 てか、お姉ちゃん心配やからあんたにはそっちにおってもらわんと困るんやけどな(・∀・)」

と言われました。
基本いつも皆お姉ちゃんの心配ばっかりなんだよな('A`)
でもお陰で関西に戻る必要はないのだなと思えたのでよしとしますw
結構そこは重要で、今後の勤務地の希望を出すときに「関西に戻りたい」と言った方がよいか本当に悩んでいたので。
関西には友達もたくさんいるし戻ったら絶対楽しいと思うんですが、
こっちにはやりたい業種とたくさんの可能性があるんですよね。
あとはやっぱり彼氏と遠距離になるのは辛いので。
お母さんに「戻ってこなくていいよ」と言って貰えたのは凄く嬉しかったです。
とりあえずあと5年くらいは自由にさせて貰おうと思います。
どっちにしてもお姉ちゃんがこっちで子供を生むまでは残ろうと思っているので。
・・・どこまでもお姉ちゃん中心の生活になっているのは、
子供の頃から両親にそう刷り込まれて生きてきたからですね、きっと('A`)w


という訳で、長々と書き連ねましたが、そんな近況でございました。
なんだか重い話になってしまいましたが、今は気持ちの上では落ち着いて前向きに頑張って行こうと思っています。
もう焦ってもどうしようも無い事ですからね(^^;)
なるようになれってなもんで、頑張って行こうと思います。

とにかく今は日本そのものが元気をなくしてしまっている時ですからね。
個々が暗くなってたんじゃどうしようもありません!
みんな前向きに、楽しむときは楽しんで、働くときはめいっぱい働いて、そうやってまた日本を元気にして行きましょう(^^)
そして一日も早く復興を。
私たちなら出来るはず!

以上、久しぶりの更新でしたm(_ _)m
相変わらず嵐関係の話題が一切なくて申し訳ないです(^^;)
テレビでは地震の話題ばかり。
早く彼らの明るい笑顔がお茶の間に戻ってくるといいですよね。

| 日常 | 2011.03.13 Sunday | 19:58 | comments(1) | trackbacks(0) | TOMY |
無事です。
停電と交通機関麻痺には巻き込まれましたが、横浜には帰らず鎌倉の姉宅に帰りました。
午後には自宅に戻る予定です。

一先ず報告でした。
| - | 2011.03.12 Saturday | 11:00 | comments(2) | trackbacks(0) | TOMY |
| 1/252 | >>